アフタヌーン公式サイト

十角館の殺人

十角館の殺人/
アフタヌーンで連載中!
   
 感想をおくる
 無料で試し読み

作品紹介

原著は累計100万部突破! 綾辻行人の新本格ミステリ『十角館の殺人』を美麗画力の清原紘が“コミックリメイク”!!

孤島に建つ十角形の奇妙な館を、大学のミステリ研究会に所属する7人が訪ねる。
この館を設計した中村青司(なかむらせいじ)は、半年前に謎の焼死を遂げていた。
そして、凄惨な殺人劇が、幕を開ける――。

著者紹介

清原紘(漫画) きよはらひろ

漫画家、イラストレーター。
漫画作品に『きみにしか聞こえない』『コインランドリーの女』『Another』『探偵の探偵』などがある。
イラストレーターとして多数の書籍の装画を担当し、『蒼き革命のヴァルキュリア』などのゲームのキャラクターデザインも手掛ける。


綾辻行人(原作) あやつじゆきと

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。
1987年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の先駆けとなる。
1992年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『びっくり館の殺人』など、“館シリーズ”と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった。
ほかに『緋色の囁き』『殺人鬼』『霧越邸殺人事件』『眼球奇譚』『最後の記憶』『深泥丘奇談』『Another』などがある。
2004年には2600枚を超える大作『暗黒館の殺人』を発表。
2012年には“館シリーズ”最新作『奇面館の殺人』が講談社ノベルズより刊行された。
2018年、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

Twitter


NEWS


シェアする